Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.

March 08 2017

02:13

January 24 2017

05:13
03:28
6294 5bf8

January 16 2017

18:09
6311 4bff 500
18:09
6341 d8f5 500

beyond2000:

Why is Sketching (Still) Important (To Design)? - Core77 http://ift.tt/1U8qgE3

18:08
18:07
6375 3533 500

beyond2000:

Splitting | Kayak chair, Patrick Norguet. http://ift.tt/1mRG3uJ

January 12 2017

01:24

Dieter Rams:Ten commandments on design

Good design is innovative.
良いデザインは、革新的である。

既存製品の形を真似るものでもなく、単に新奇性のための新奇性を生み出すのでもない。革新の神髄は、製品の機能すべてに明確に見て取れなくてはならない。

現在の技術的発展は、革新的なソリューションを生み出す新たなチャンスを提供し続けている。

Good design makes a product useful.
良いデザインは、製品を有用にする。

製品は使われるために買われる。それは、中心的機能においても付加的機能においても、明確な目的を果たさなければならない。デザインの最も重要な任務は、製品の有用性の効用を最大化することである。

Good design is aesthetic.
良いデザインは、美的である。

製品の審美的側面は、製品の有用性と不可分である。なぜなら、毎日使う製品は、私達の快適な暮らしを左右するからだ。

しかし、美しさを持ちうるのは、うまく考えられたものだけだ。

Good design makes a product understandable.
良いデザインは、製品を分かりやすくする。

それは、製品の構造を明らかにする。さらに良いのは、製品自体に語らせることができる点だ。ベストなのは説明を要しない。

Good design is unobtrusive.
良い製品は、押し付けがましくない。

目的を果たす製品は、道具のようなもの。装飾品でも芸術品でもない。したがって、そのデザインは中立的で控えめで、ユ−ザ−に自己表現の余地を残すものであるべきだ。

Good design is honest.
良いデザインは、誠実である。

良いデザインは、実際以上に製品を革新的に、パワフルに、あるいは価値がありそうに仕立て上げない。守れない約束で消費者を操作しようとしない。

Good design has longevity.
良い製品は、恒久的である。

短期間のうちに時代遅れとなってしまうトレンドを追わない。うまくデザインされた製品は、今日の使い捨て社会における短命のつまらない製品とは大いに異なる。

Good design is consequent down to the last detail.
良いデザインは、あらゆる細部まで一貫している。

何も曖昧であってはならない。デザインプロセスにおける徹底と正確性は、ユ−ザ−への敬意を表す。

Good design is environmentally friendly.
良いデザインは、環境に優しい。

デザインは、安定した環境と分別ある原材料の使い方に貢献するものでなけれはならない。これには、現実の汚染だけでなく、視覚公害と破壊も含まれる。

Good design is as little design as possible.
良いデザインは、できるだけ少なく。

少ない方がよい。なぜなら、その方が本質的な点に集中でき、製品に重要でないものに悩まなくてすむ。純粋さに戻ろう!

簡潔さに戻ろう!

01:18

from MASSIVE CHANGE by Bruce Mau

For most of us, design is invisible. Until it fails.
(ほとんどの人にとって、デザインとは目に見えないものである。
 それが崩壊するまでは。)

In fact, the secret ambition of design is to become invisible,
to be taken up into the culture, absorbed into the background.
The highest order of success in design is to achieve ubiquity, to become banal.
(実際のところ、デザインは目に見えず、文化の中に組み込まれ、
 背景に溶け込んでしまうことを密かに望んでいる。
 デザインが成功するための最高司令は、あらゆるところに遍在し、
 ありきたりのものとなることである。)

Most of the time, we live our lives within these invisible systems,
blissfully unaware of the artificial life, the intensely designed infrastructures that support them.
(我々の生活のほとんどは、こうした目に見えないシステムの中で起こっている。
 その無上の喜びの中では、人工的な生物や、それを支えるために
 巧妙にデザインされたインフラストラクチャーに気づくことはないのである。)

from MASSIVE CHANGE by Bruce Mau : interlogue

January 05 2017

21:07
6399 f63d

nothingtochance:

New Braun version BN0211

21:01
6422 3f75 500

nautdesign:

213 | 01_Resize standard furniture
Frame display shelf 1 : W1,200 D300 H900
Solid ash oil finish / Steel hardening melamine paint

21:01
6470 a9dc 500

nautdesign:

216 | 01_Custom made furniture  
Hanging stand : W790 D400 H1,440 / Stainless steel

December 02 2016

01:35

爆笑問題・太田、障害者施設殺傷事件の犯人「意思疎通できぬ人刺した」との主張に反論「大切なのは受け取る側の感受性」

2016.09.28 (Wed)

2016年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、神奈川県相模原市で発生した、障害者施設殺傷事件の犯人が「意思疎通できぬ人刺した」と主張していたことに対し反論していた。

太田は、「施設にいる人たちは、たしかに普通の言葉を喋れないかもしれない。色んな表現ができないかもしれない。でも、彼らの周りには、彼らを大切に思って、彼らが生きていてくれなかったら困るって人、たくさんいて」「彼らがウーッって言ったときに、『これは何を表現してるんだろうか』って、一生懸命受け止めようとしてる」「本当に大切なのは受け取る側の感受性」と語り、入所者たちと介護者たちの間にコミュニケーションは存在していたはずだ、と指摘していた。


太田光:小林秀雄さんが、柳田国男さんの話をするんですね。その時に、ある柳田国男さんの、幼少期の頃の体験談っていうのがあるんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:14歳くらいの時、病弱だったもので学校も行けずに、一人ぼっちで親戚の家、山奥、茨城県かどっかの布川ってところかな。そこに預けられてるのね。

田中裕二:うん。

太田光:で、その家にいっぱい本があって。子供の頃に、本ばっかり1人でずーっと呼んで暮らしてたらしいんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:14歳くらいの時に。野山ですから。近くに洞窟みたいなところがあって。その奥に入っていったら、小さな祠があったんです。

田中裕二:ほう。

太田光:石でできたね。祠があった。そこを開けたんだって。どうしても見たくなって。祠があるっていうのは知ってて。それは、実はその家のおばあちゃんのお墓ですよね。田舎ですから。

田中裕二:うん。

太田光:その祠、開けちゃいけないって思いながらも、どうしても見たくなって、開けたときの思い出を語ってるんですよ、柳田国男がね。

田中裕二:うん。

太田光:その時に、開けたら小さな石。丸い小さな石があったんだって。蝋石で。

田中裕二:蝋石って分かるかな。よく、道端で線を描いたり。

太田光:道端ジェシカ。

田中裕二:道端ジェシカじゃないけどね。

太田光:渋谷に落書きして捕まったり。

田中裕二:蝋石ってあるんですよね。

太田光:それがね、丸くてピカピカな蝋石だったんだって。それを見たときに、なんだか分からないけど、「はぁ…」って思って、座り込んじゃった。

田中裕二:うん。

太田光:座り込んじゃって、パッて空を見上げたときに、快晴の青空に、無数の星空が見えたんだって。

田中裕二:はぁ~、昼間に。

太田光:柳田国男は、天文学の本も当時読んでたし、頭のいい人ですから。民俗学っていうのは、あの人が作ったもんですから。『遠野物語』とか、民俗学っていうのは歴史に残らない。日本の教科書や資料として残ってるものは、勝者の歴史でもあり、あるいは偉い人達のものだから。

田中裕二:うん。

太田光:でも、一般市民の間に、伝承で語り継がれてるものは、実は残ってなくて。柳田国男って人は、生涯をかけて集めた。あの人は役人でしたけどね。生涯をかけて、役人であることを利用しつつ。今でいう舛添さんみたいなものですよ。

田中裕二:全然分かんないです(笑)

太田光:要は、公費で。ほうぼうへ行ってんですよ。趣味のために。

田中裕二:うん。

太田光:で、そこでおばあさんから話を聴いたり。色んなのを集めて、それを民俗学っていう学問にした。言ってみれば、凄い人ですよ。その人が、パーッと満天の星空を見て。「おかしい。僕の考えでは、こんな昼間に星空が見えるなんておかしい」って思ったんだって。

田中裕二:うん。

太田光:そう思った瞬間に、「ピーッ!」てヒヨドリが鳴いたんだって。その瞬間、パッと我にかえったら、普通の景色に戻ってた。

田中裕二:うん。

太田光:柳田国男は、それを回想してるわけですよ。「バカバカしい話ですよ」ってもと、回想してるわけです。

田中裕二:うん。

太田光:「もしあの時、ヒヨドリが鳴かなかったら、僕は発狂してたでしょう。幸い、あの時、ヒヨドリが鳴いて、幸い、生活の苦労があったから、今、こうしてまともにいられるんです」と。

田中裕二:うん。

太田光:「生活苦があったから、今、まともにこうしていられるんです」って話を書いてる。書いてるっていうか、口述筆記なんですけどね。

田中裕二:うん。

太田光:それを小林秀雄は講演で言うわけですよ。「学問をやる人は、こういう感受性がないとやれないんです。民俗学なんてものは、こういう感受性を持ってる人じゃないと、学問なんてものはできないんです」って。

田中裕二:ああ。

太田光:つまりそれは、体系立てて、マニュアル化して、文章にしてっていう中に、その言ってみれば科学で割り切れるってものが今、主流になってるけども、そもそもは学問を作った、民俗学を作った柳田国男は、そういう感受性を持ってる。

田中裕二:うん。

太田光:「僕はね、柳田国男さんの作品は大好きだけど、その弟子のものは読みたいともなんとも思わない。それは単なる学問だから」と。

田中裕二:うん。

太田光:「学問っていうのは、そこに魂がこもってないと。学問だけでは語れないんですよ」って。

田中裕二:うん。

太田光:それと、仏教をいわゆる経典にしていくこと。経典をただただ坊主が覚えて読んだって、それはただの経典読みなんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:「そこに何かを感じて、受け取れるかどうかっていうのが、今の学問の一番足りないところなんだ。それを君たち、よく覚えておいてくれ」って、小林秀雄は言うわけですよ。

田中裕二:うん。


太田光:その時に思ったのは、人に伝えるコミュニケーションってものは、教科書通りじゃいかないっていうのと、これはシビアな話になりますけど、殺人事件があったでしょ?施設で。

田中裕二:はい。たくさんの方がね、亡くなって。

太田光:犯人の彼が…バカ野郎ですよ。それが言ってることがあって。要は、「意思の疎通ができない人間が、生きてても意味がない」って言ってるんです。

田中裕二:うん。

太田光:俺はね、それに凄く引っかかってるんです、いまだに。

田中裕二:うん。

太田光:コミュニケーションですよね。それで、僕は「意思の疎通ができないのはどっちだ?」って思ってるわけ。施設にいる人たちは、たしかに普通の言葉を喋れないかもしれない。色んな表現ができないかもしれない。

田中裕二:うん。

太田光:でも、彼らの周りには、彼らを大切に思って、彼らが生きていてくれなかったら困るって人、たくさんいて。彼らが「ウーッ」って言ったときに、「これは何を表現してるんだろうか」って、一生懸命受け止めようとしてる。つまり、小林秀雄の言うところの感受性ですよね。

田中裕二:うん。

太田光:それは、学問ではない感受性なんですよ。それを受け止めようとする人がいっぱいいる。それで、そこに伝わるものがある。つまり、コミュニケーションがとれないのは、あの犯人の方なんですよ。アイツは、色んなことを発信してるかもしれないけど、発信して「さぁ、受け取れ」って態度なんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:勘違いしがちなのは、表現っていうのは、表現の豊かさや表現のみが大切だって思うけど、そうじゃないんです。本当に大切なのは、受け取る側の感受性なんです。受け取る側に感受性を持つ人が、どれだけその人の周りにいるかってことなんです。

田中裕二:うん。

太田光:だから、自分の話を「面白い」と思って聴いてくれるくらいに、魅力的な人間であるかってことが、コミュニケーションが達者な人なんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:つまり、受け取ろうとする人が、多い人がコミュニケーションが達者な人。それはつまり、赤ん坊なんですよ。

田中裕二:うん。

太田光:赤ん坊はまさに生まれて、言葉も知らない。何も言えないよ。俺は「辛かった…」とか言ったらしいけど。

田中裕二:ウソつけ(笑)

太田光:まだ、言葉の前の段階ですよね。だけど、母親っていうのは、言葉の泣き方一つで、「あ、お腹減ってんのかな?」とか、「おむつかな」とか色々思うでしょ。それは、コミュニケーションが達者なんですよ、赤ん坊の内は。というのは、受け取る側がいるから。

田中裕二:一生懸命、分かろうとするからね。

太田光:彼のことを分かろうとする人、誰もいなかったじゃないですか。あんだけ体中に入れ墨いれて表現しましたよね。ツイッターとかやって。でも、彼の言葉に耳を傾けようとする人は、1人もいなかった。1人2人いたかもしれないけど、諦めた。「コイツ、何言ってんのか」って思われて。

田中裕二:うん。

太田光:それよりも、彼が殺害した人たちの方が、よっぽどコミュニケーションしてるんです、人と。そこが僕はね、一番大事なことだと思う。

— (via goldenhalf)

July 12 2016

05:59
05:59
6524 bc6a 500
05:58
6533 53e7 500

thedesignwalker:

Minimal Interior Design

05:58
6549 be15 500

thedesignwalker:

Clean minimal wood and white interior.

July 05 2015

12:00

Top 5 artists this week

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  

May 31 2015

12:00

Top 5 artists this week

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  

May 24 2015

12:00

Top 5 artists this week

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
Older posts are this way If this message doesn't go away, click anywhere on the page to continue loading posts.
Could not load more posts
Maybe Soup is currently being updated? I'll try again automatically in a few seconds...
Just a second, loading more posts...
You've reached the end.

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl